カトープレジャーグループ

日本のレジャーをもっと楽しく!

カトープレジャーグループ

CSR
2022.04.22

NPO法人Pleasure for all がルーマニアの「The Margareta of Romania Royal Foundation」へ寄付を行いました。

NPO法人Pleasure for all(以下、団体)は、理事長である加藤友康(カトープレジャーグループ 代表取締役兼CEO)が2020年に在大阪ルーマニア名誉領事を拝命いただいたご縁もあり、2022年4月1日にルーマニアの子供達を支援する団体「The Margareta of Romania Royal Foundation」にルーマニアチャリティーワインの収益金の全額を寄付いたしました。オリジナルラベルの”Plăcere(プラッチェーレ)は、英語のPleasureと同義語で「楽しみ」や「喜び」を表します。こちらのワインが注がれるたびに、NPO法人Pleasure for all を通してルーマニアの子供達を支援する団体に寄付されるという活動を行っております。
寄付先である「The Margareta of Romania Royal Foundation」は、ルーマニア王室マルガレータ・ア・ロムニエイ女王とその父ミハイ王によって1990年に設立された団体です。ルーマニアの精神と社会改革に貢献するための教育、コミュニティ開発、市民社会、健康、文化における持続可能で多種多様なプロジェクトに注力し、今日団体はNGOとして世代を超え、経験や価値の共有に基づきサポートを行っています。今回は様々な活動がある中、貧困のため生活困難に陥っている子供たちの為の特別支援基金に寄付をいたしました。ルーマニアの教育制度において近年の大きな問題が学校の中途退学であり、Eurostatによると貧困による中途退学は16.4%、ルーマニアはヨーロッパ諸国においても3番目に位置づけられています。その数は、新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)のパンデミックにより急激に増加し、オンラインスクール参加に必要なネット環境、設備の欠如がより深刻に進んでいるため、団体は日々改善するために尽力しています。教育に加え、食料や衣類などの生活必需品、精神面のサポート、サマーキャンプや職業体験などを通して様々な側面から長期的な支援を行う団体に賛同し、NPO法人Pleasure for allは今後も子供たちの支援のために活動してまいります。
KPGオリジナルラベル ルーマニアチャリティーワイン

寄付内容

寄付元 NPO法人 Pleasure for all(理事長:加藤 友康)
売上元 KPGオリジナルラベル ルーマニアチャリティーワインの売上
寄付金 収益金の全額(2021年4月~2022年3月)

NPO法人 Pleasure for all

これまでカトープレジャーグループ各事業所で取り組んでいた様々なCSR 活動を一つに集約し、グループ全体で社会貢献活動を実施することを目的とした 「NPO法人 Pleasure for all」を設立しました。児童養護施設の子どもたちや難病に苦しむ子どもたちやご家族への支援、LGBTQに関する活動のサポートなど、SDGsについてさまざまな課題に取り組んでまいります。


OTHER PRESS RELEASE